教育や福利厚生が充実したヤング開発

教育や福利厚生が充実したヤング開発

兵庫県に本社を構えるヤング開発は、地域密着ハウスメーカーです。1971年から現在までの40年以上もの間、地元・兵庫で住宅に関する様々な事業を展開。新築住宅では34,000戸以上の供給実績を持つそうです。ヤング開発のモットーは「地域に愛される地域No.1企業」を目指すこと。戸建て住宅では、自社グループ内で開発から入居後のフォローに至る全てを行っているそうです。また、30年前に第1棟目が誕生したマンション事業でも、バリアフリーやオートロックなど付加価値の高い設備を標準化。常に新しい設備を導入し、より価値の高い住空間の提供を目指しているそうです。

 

また、ヤング開発では戸建て事業・マンション事業の他、賃貸事業も行っています。ヤング開発は50棟以上のビルやマンション、駐車場などを自社で所有し、運用しています。その利益による着実な資産運営が可能なのだそうです。商品やサービスの販売だけでなく、自社所有のビルやマンションの賃貸経営も個別展開していることで、安定感のある企業だといえるのではないでしょうか。

 

また、ヤング開発では、業界未経験の新入社員でも安心して働けるよう、研修制度が充実しているそうです。新入社員研修の他に、電話対応トレーニング研修・設計力強化研修・紹介実績5倍増実現セミナーなど、それぞれの業務に応じたスキルが習得できる独立したセミナーが用意されています。他にも、他社を見学できる地域・一番企業視察セミナーや、資格取得を目指した住宅ローンアドバイザー取得講座など、目的や必要なスキル形成のための研修制度が充実しているようです。

 

ヤング開発は、「地域と社員が幸せな会社」を目指して、福利厚生も充実させているそうです。ヤング開発で家を建築した場合は、毎月のローンを一部補助する「財形貯蓄・持家優遇制度」や、月7000円の独身寮、月20000円で3〜4LDKのファミリー向け社宅などは、さすが住宅会社という充実ぶりです。この他にも、海外の建築や建材を見学する海外研修、毎年行われる社員旅行、イベントとして社員同士の交流が深められる忘年会・ゴルフコンペなど、働く社員とその家族を支援するような様々な取り組みがあるそうです。また、京都府に保養所を所持しているため、家族旅行などに利用できるようです。

 

そんなヤング開発では、何よりも「チャレンジ精神のある人」を求めているようです。経験・未経験に関係なく、知識やスキルは入社後の研修でしっかり身につけることができるそうなので、まずはヤング開発の社風に合っているかどうかを考えてみることから始めてみると良いのではないでしょうか。